細田博之衆議院議長の「月収100万」発言の意外過ぎる肯定派意見とは

細田博之衆議院議長が政治資金パーティーでの「議長になっても毎月100万円しかない」という発言を巡り話題になっています。

多くの一般人からは過激な意見がある一方で、肯定とまではいかずとも細田議長の発言に理解を示す意見もあるようです。

そんな細田議長の発言に理解を示す肯定派意見の意外な内容をまとめてみました。

スポンサーリンク

細田衆議院議長「毎月100万円しかない」発言

Twitterより

細田衆議院議長の問題となった「議長になっても毎月100万円しかない」発言に至った経緯とは

細田議長は、東京都内で開かれた自民党議員のパーティーでの挨拶で、過去の衆議院議員定数の増減について触れた。その上で、議員の歳費について、「議長になっても、毎月もらう歳費は100万円しかない。『そんなにもらっているのか』というが、上場会社の社長は1億円は必ずもらう。2億も3億も10億ももらっている人がいる」と語った。

FNNプライムオンライン

この文面を見るとなかなかに強気な発言が細田議長から発言されたようです。

さらに続けて以下の発言もありました。

「議員を減らせばいいのかどうか、この辺で考えた方がいい。民主主義は出来るだけたくさんの議員を出して、盛んな議論をしてもらうのがいい」と指摘し、「月給で手取り100万未満であるような議員を多少増やしたって罰は当たらない」と述べた。

FNNプライムオンライン

この発言に対し、

「緩んでいる。立場を考えて発言してほしい」(日本維新の会:藤田幹事長)

「議長の品格に関わる。この状況で議員数を増やすんは国民に理解されない」(国民民主党:古川元久国会対策委員長)

と、苦言を呈されています。

細田議長の発言に世間の反応は?

細田議長の「議長になっても毎月100万円しかない」の発言に世間の反応をみてみましょう。

Twitterやヤフコメ欄より抜粋してまとめています。

まずはネガティブ意見からみてみましょう。

上場企業の社長って、そりゃ成功して会社を高い水準で維持している人達がそれなりの報酬をもらうのは分かるし、彼らには多少なりリスクもある。失敗しても責任は取らない、赤字を出しても税金上げればいいやみたいな人達と一緒だと考える事自体間違っている。

ヤフコメ

自分の能力に見合った額でないと思うなら辞めて社長になり月100万以上稼げばいいんじゃない? それができないなら文句言ってないで働け。

Twitter

給料月100万しかとか言うけど、比較対象が「上場企業の社長」であることが烏滸がましいし、国民のマジョリティを敵に回すような配慮や想像力もない人が議会のトップと考えるとこの国の若者がやる気を無くすのも仕方がない。

Twitter

いや、よく知らんけど、一般の大多数の会社員が月100万ももらえないことに考えが及んでないこと、(ましてや現状で)、んなこと言ったら反感買うことに考えが及んでないことがもうアウト。

Twitter

一般人からすると月収100万円はなかなかに大きな金額だけに「安い」扱いをしたことで反感の意見があるようです。

ただ背景を考えると「月100万円が高い」とは言い切れない、という見方もできます。

細田議長の発言に理解・肯定する意見がこちら

  • まぁ立場考えれば月100万は安いのでしょうし、言いたいこともわかるのだけれど。
  • 問題は、この方が給料に見合った仕事をしているかどうかかと。
  • 議員で月100万も貰いすぎ!!等と騒いでいる奴ら多いけど簡単になれると思ってる?
  • 議員の責務を思えば月100万は安い気がする あんまり安いと汚職にも繋がるし
  • 実際国のほぼトップ層まで行って月100万は少ないというかロマンが無いなという感じはある
  • 別に月100万でも1000万でも言ってしまえば1億でもそれに見合う働きをして一所懸命に国の舵取りをし、国民がより良い暮らしが出来る様に粉骨砕身働いてもらえるなら安いものだと思うんだけどね。
  • 一般と同じ価値観も大切だけど、金銭で簡単に転ぶような議員を量産でもされたらそれこそ国が行き詰るし。
  • 議長のくせに月100万はたしかに少ないでしょ爆笑かわいそー

確かに国を動かす中枢の立場にいる重責を負いながら毎月100万円という金額は決して高いものではないという意見があります。

また議員の給料を安くしすぎると汚職や職務怠慢に繋がるという意見も。

他にも重責と給料のバランスが悪いと議員を目指す人がいなくなるという声もあります。

まとめ

細田博之衆議院議長の「毎月100万円しかない」発言の意見をまとめてみました。

議員の給料については常々注目されているだけに過激に取り上げられたのでしょう。

細田議長の言い分もわかりますが、立場的に表立って発言する内容には適さなかったのかもしれませんね。