槙野智章の退団する3つの理由は?イメージダウンが原因か?

2021年11月に槙野智章選手が浦和から契約満了で退団することが報じられました。

報道内容からは「槙野選手による自主的な退団ではなさそう」なこと。

槙野選手が退団することとなった理由についてネットで囁かれている情報をまとめてみました。

槙野智章の退団理由とは?

①年齢による世代交代

まず1つ目の退団理由に年齢による世代交代ではないかと言われています。

2021年時点で槙野選手は34歳です。

サッカー選手の選手寿命の平均は25~26歳と言われています。

18歳~21歳 128人 23.15%
22歳~25歳 137人 24.77%
26歳~29歳 147人 26.58%
30歳~33歳 96人 17.36%
34歳~   45人 8.14%

SPAIA

50歳を超えても現役で活躍する三浦知良選手はもう驚異的ですよね。

名だたるプロたちはサッカー界の中でも大成功を収めた一握りであり、現実はやはり25歳前後で引退する選手が多いようです。

浦和には槙野選手よりも上の世代(40代)の選手がいますが、全体的に年齢層が高めではあるようです。

またポジションの関係もあり槙野選手が退団したのではないかと言われています。

②ホームタウン制廃止への過激発言

槙野選手の退団の理由にホームタウン関連の発言によるイメージダウンが原因か?と囁かれています。

まずホームタウン制とは簡単に地域密着でクラブ運営をしましょうということ。

別のクラブチームとの兼ね合いで決められた自治体以外での活動ができません。

代わりに地域に根強いファンが付くメリットがあります。

槙野選手はサッカー界の盛り上げのためにホームタウン制廃止を主張しています。

廃止によって活動地域が広げられ全国的にファンが作れるなどメリットがあるのだとか。

しかし制度廃止に関する発言が「クラブチームを支える自治体や地域企業に対する感謝がない」と批判されています。

槙野選手はサッカーに熱い人ですから、感謝をしていないことはないでしょう。

しかし文章として発信したものがうまく伝わらずイメージダウンに繋がったようです。

④思い込みの強さで分かり合えなかった

槙野選手が退団となった理由の一つにチーム側と「思い込みの強さで分かり合えなかった」のではないかといわれています。

ファンやサポーターの間でも槙野選手に対して思うところがあったようです。

槙野選手は「チームの考えが理解できなかった」と発言されています。

やはり分かり合えなかった点があったことは確かなのかもしれません。

サッカーはチーム戦です。

チームでのあり方や志しなど向く方向が揃わなければサッカーチームとして機能しません。

もしかしたら槙野選手の思い込みの強さが退団理由の一つなのかもしれませんね。

まとめ

以上、槙野智章選手が浦和を退団することになった理由や原因についてネットで囁かれる可能性をまとめてみました。

浦和ファンの多くは槙野選手は浦和で引退する、と思っていただけにかなり衝撃の展開だったようです。

契約更新なく退団となった理由について明かされていませんが今後の槙野選手の動向引き続き注目していきたいですね。

おすすめの記事