槙野智章の移籍先はどこか予想してみた!京都サンガFCに有力説

2021年11月に槙野智章選手が浦和から契約満了で退団を告げられたことが報じられました。

浦和で活躍する槙野智章選手のファンからすると衝撃のニュースで心が痛んでいるようです。

そして気になるのが今後の槙野智章選手の移籍先ですよね。

ネットではさまざまな観点から予測されているのでまとめてみてみましょ。

槙野智章が浦和を契約満了で退団

今季限りでサッカー・J1浦和からの退団が決まった元日本代表DF、槙野智章(34)が17日、オンラインで報道陣の取材に応じ、「自分の中で整理がついていない状態」と苦しい胸の内を語った。

読売新聞

「浦和で引退したかった」という言うほど、浦和への思いが強かった槙野智章選手。

しかし叶わず退団となってしまい毎日泣いているとのことです。

槙野智章の移籍先はどこか予想

槙野智章選手の退団が報じられネットではサポーターたちの間で次の移籍先について予想が繰り広げられています。

槙野智章選手が一体どこに所属するのか?予想をみてみましょう!

①京都サンガFC(最有力説

槙野選手の移籍先について京都サンガFCが最有力候補と言われています。

というのもTwitterでは移籍先について投票が行われていました。

また京都への移籍が高い理由について「森脇選手がいるから」という声が多いようです。

森脇選手とのコンビ再結成を期待する声多数ありました。

②北海道コンサドーレ札幌

次いで移籍先の有力説に北海道コンサドーレ札幌があげられています。

札幌が予想する人の意見の多くは「ミシャがいるから」と言われているからです。

ミシャとは『ミハイロ・ペドロヴィッチ監督』の愛称のこと。

槙野選手とミシャはかつて浦和でともに戦った仲間でありファミリーなんですね。

そんな縁もあって、札幌への移籍が予想候補にあげられています。

神戸

③熊本・広島・岐阜

槙野選手の移籍先に熊本や広島・岐阜も候補にあげれています。

ただ意見の多くはサポーターやファンによる「来てほしい…」といった反応でした。

やはり多くの人は「京都か札幌」の2択である可能性が高いとみているようです。

まとめ

以上、槙野智章選手の移籍先の予想意見をまとめてみました。

一番は森脇選手とのコンビ再結成を願う京都サンガFCが最有力候補のようですね。

次いで、ミシャがいるコンサドーレ札幌とのことですがどこに行っても槙野選手の活躍を楽しみに応援していきましょう!

おすすめの記事