【2022】ハンカチ王子の現在は会社の社長に!社名がメンタル強すぎと話題

ハンカチ王子こと斎藤佑樹さんの現在は会社を立ち上げ社長になられたのだそう!

そして驚きなのがその会社の「社名」なのだとか。

ネットでは「とんでもないメンタルをしてる」と話題になっているようです。

そんな斎藤佑樹さんの現在の仕事や会社の事業内容などみてみましょう!

スポンサーリンク

【ハンカチ王子】斎藤佑樹の現在は?

斎藤佑樹さんは2021年10月17日に日本ハムを引退されています。

その後は、芸能プロダクションからも声がかかり一時期は芸能界入りを噂されていました。

しかし結果的に芸能界入りの話は流れてしまったようです。

会社を立ち上げ社長に

斎藤佑樹さんは2021年12月10日に会社設立したことをインスタで発表しました。

斎藤佑樹さんの会社設立の発表からすぐに500~600件の入社希望があったそうですよ。

出来たての会社にも関わらず、応募が殺到するのは斎藤佑樹さんの人望でしょうか。

企業や学生向けの講演活動

斎藤佑樹さんは会社の代表としてさまざまな活動をされる一方で企業や学生向けに講演を行っているようです。

Twitter

講演内容は斎藤佑樹さんの人生経験からくる生き方の講演のようです。

ちなみに講演料は100~150万円だったのだそう。

ハンカチ王子の会社の事業内容や社名は?

社名は「斎藤佑樹」

斎藤佑樹さんが立ち上げた会社の名前はなんと『株式会社 斎藤佑樹』なのだそう。

自分の名前を社名に決めるのはなかなかできることではありません。

斎藤佑樹さんが自分の名前を社名にした理由について

自分も「大丈夫かなあ」という思いはありましたが(笑)、ここからは自分の力で歩んでいくという思いを込めました。野球界でいろんなことをやらせてもらったので、それを活かしていきたいですね。

Number Web

責任という強い思いが社名に込められているんですね。

なかなかに思い切った命名です。

会社の事業内容

会社の事業プランは具体的には決まっていないものの野球が軸になるのだそう。

どんな形にせよ、野球界に対して何か恩返しをしたいという気持ちが強いです。だから野球界をもっと楽しくしたいと願う企業の方々と一緒にお仕事をしたいですね。もちろん、野球以外のスポーツ業界、そしてエンタメ業界にも興味はあります。今はSDGsなどに取り組む企業さんと一緒にアクションを起こせないかと、準備しているところです。

Number Web

他にも夢や構想は

  • 夢はスタジアム・野球場を作る
  • アスリート向けのファッション開発

など野球を通してさまざまな方面に貢献できる事業を考えているようです。

会社設立にネットの反応は?

斎藤佑樹さんの会社設立にネットでの反応をみてみましょう。

やはり会社名に自分の名前をつけたことに驚く人が多かったようです。

一方で自分の名前が社名だと不便なこともあり心配する声も…。

ちなみに会社名の候補に『株式会社ネクストマウンド』というのもあったそうですよ。

まとめ

斎藤佑樹さんの現在の活動についてまとめてみました。

会社設立にもびっくりですが、なにより社名に驚きましたね。

さまざまな覚悟を持って名付けたでしょうからこれからの躍進が楽しみですね!