【静岡】乳児死亡の医療事故が悲しすぎる…ネットの反応まとめ

静岡県立こども病院で医療ミスによる乳児死亡事故が発覚したようです。

ネットでの様々な意見をまとめてみたのでみてみましょう。

スポンサーリンク

【静岡】抗がん剤誤投与で乳児死亡事故

静岡県立こども病院で白血病治療で入院していた乳児に抗がん剤誤投与で死亡する医療事故が発覚しました。

静岡県立こども病院は16日、乳児急性白血病で入院していた当時生後3カ月の乳児に昨年1月、抗がん剤治療をした際、薬剤を誤投与する医療事故があったと発表した。

病院によると、治療のために静脈内に投与する予定だった抗がん剤を、医師が背骨に囲まれた場所にある脊髄腔に誤って注入した。

本来、脊髄腔には別の薬剤を投与するはずだったが、看護師が取り違え、確認が不十分なまま医師が投与したという。

直後に誤投与に気付いたが、乳児は神経系の障害が起き、自発呼吸ができなくなった。その後症状が悪化、同11月に死亡した。

KYODO

本来、打つ予定だった場所とは違うところに注射したことにより幼い赤ちゃんがなくなってしまった痛ましい事故。

医療ミスによる乳児死亡事故についてネットでの反応は?

今回の医療ミスによる乳児死亡事故についてネットでの反応を見てみましょう。

Yahoo!のコメント欄より

・あってはならないミスが医師と看護師それぞれであった。別のスタッフによる確認作業で看護師のミスは避けられたかと思う。

・先生って指示が明確じゃないこと多くて、看護師も、勉強不足だと当たり前のことがわかんなかったりするから怒られると思って、確認しにくいこともあって。

・少なくとも、可能な限り、ミス防止のために複数のチェック体制が不可欠です。
運が悪かったでは済まされないことです。

・看護師だけが悪いのではない。打つ前に必ず間違いが無いか手にした薬を確認しないといけない部位。忙しさや忙しさによる疲労や注意欠陥もこういう事故に繋がるから医師や看護師を増やして負担を減らしてあげないといけない課題もある

・乳児さんの場合には体調不良を自分で申告する事も難しく、また誤投与からの10ヶ月間亡くなられた乳児さんの気持ち・親御さんの気持ちを考えると痛たまれないです。

100%医療ミスが回避できるかと言われると人事的な部分があるだけに不可能かもしれませんが100%に近づける努力というのはあるように思います。

本当に痛ましく辛い事故ですが、今後の医療現場の在り方ももっと見直す課題があるのかなと感じる声が多いようです。

静岡県立こども病院は日本初ファシリティドッグ導入院

ちなみに調査によるとこの静岡県立こども病院は日本で初めて『ファシリティドッグ』いわゆるドッグセラピーを導入した病院なのだそう。(平成22年頃)

このこども病院はすべての小児疾患に対応した小児総合医療施設ということもあり、患者が子供ということでドッグセラピーを導入したようです。

主にゴールデンレトリバーが闘病生活を送る子供たちに寄り添って癒しを与えてくれるのだそう。

子供たちが少しでも癒されるようにとの働きで取り入れたそうですが子供からの評判は良いのだとか。

そんな子供への治療に様々な対策を考える病院で起きた医療ミスは心が痛みます。

まとめ

静岡県での抗がん剤誤投与による医療ミスで亡くなった赤ちゃんにご冥福をお祈りするとともに今後も医療現場での課題があるのかな、と感じました。

同じ悲しい思いをする人が減りますように。